自分の死後にペットの世話をしていただく代わりに財産を贈る旨の遺言書を作成したケース

・状況

昭島市にお住まいの80歳の女性からのご相談でした。

夫は既に亡くなっており、自身も高齢であるため、せめてかわいがっているペットを、自分の死後に親友に世話をしてもらい、代わりに相続財産の一部を親友に渡したい、というご希望で、ご相談にいらっしゃいました。

・当事務所からの提案&お手伝い

親友とは既に話がついているとのことでしたので、ペットを世話してもらう代わりに相続財産の一部を親友に贈る旨を記載した遺言書を作成する事をご提案しました。

また遺言書を作成する事が初めてとのことでしたので、遺言書を作成する際にサポートを
させていただきました。

・結果

無事に遺言書を作成でき、相談者様としても安心したご様子でした。

相続財産を指定したとおりに相続してほしい場合に遺言書は非常に有効な手段ではありますが、ただ遺言書を自筆で作成した場合に効力を発揮しない場合があります。

一度、相続の専門家である司法書士にお見せいただくことで、お持ちの遺言書が効力を発揮するものなのかをチェックすることができます。

是非、お気軽にご相談下さい。

 

error: